親友との楽しいひと時…のぶ子はその余韻に浸りながら電車の揺れに身を任せていた。すると、太ももに違和感を感じる。半覚醒状態ののぶ子が目にしたのは、自分の太ももを撫で回す男の手。ぞっとして目が覚めたものの、恐怖で抵抗できず男にされるがままだった。

10687
Share
Copy the link