自分の中にある母親への愛情は他とはちょっと違うのかもしれない。健太郎がそう気づいたのは父と母が子づくりに励んでいる声を聞いた時だった。母・千里の淫らな嬌声を聞いた時、湧き上がってきたのは弟妹ができる喜びではなく父親への嫉妬。母の中が父の精子で満たされていることが我慢ならなかった。

10391
Share
Copy the link